Top > 親権問題や養育費について

親権問題や養育費について

夫婦だけの場合はお互いの意思だけですんなり、全部がそうではありませんが、離婚ということになりますが、子供がいるとそう簡単には行きません。親権問題や養育費についてお互い譲らない場合は長引いてしまうようです。裁判に持ち込んでもすぐには決まらず嫌な感じが続きます。しかも裁判で決まった養育費は意外にも安いようで、最低金額のように感じます。もちろん収入などにより考慮されるのでしょうが、子供に習い事をさせたりする費用までは出ないようです。しかもほとんどの場合、初めの2〜3か月は振込があったものの、その後ぱったりと入金がなくなるというのはよく聞く話です。離婚後に会って直接お金をもらう人はほとんどいないようですが、結局会いたくもないし連絡を取りたくもないので泣き寝入りという人が多いようです。芸能人や有名人でない限り、子供が成人するまで養育費をもらい続けるのは本当に難しいのが現実です。母親が子供を引き取った場合は母子家庭手当が出る上に医療費などが優遇されるので、それでみんななんとかやりくりしていて実際に養育費をあてにしている人はほとんどいないのが一般的のようです。今日のお勧めサイトはこちら:ステラマリアの口コミについて

関連エントリー